みなべの熊野古道|和歌山 国民宿舎 紀州路みなべ

  • ご予約・ご宿泊プラン
  • 熊野古道の歴史
  • 熊野古道の見どころ
  • 熊野古道散策MAP

熊野古道の歴史

熊野古道の歴史
熊野古道の歴史

平成16年7月1日、和歌山県、奈良県、三重県にまたがる「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されました。

紀伊山地の森林に覆われた山々は、古くから神仏の宿る場所として人々の信仰を集めていました。
そこに開かれた霊場は修験道・神仏習合・真言密教と異なる思想の文化を保ちながら、それらを繋ぐ道による交流で相互に発展し日本の精神文化の形成に大きく寄与しています。

自然と人々の信仰心によって生まれた『文化的景観』が評価される、世界でも珍しい文化遺産です。

町内の熊野参詣道は、残念ながら登録ルートから外れましたが、古代の人々が粛々と歩いた熊野参詣の歴史が色濃く残っています。

みなべ町内を通る熊野参詣道は、数ある熊野参詣道のなかで唯一海辺を通るコースがあり、真っ青な紀州の海が心地よく肌に感じられます。

pagetop

熊野古道の見どころ

須賀神社

須賀神社

平安時代に京都祇園御霊宮(現在の八坂神社)から勧請された神社で、昔は「祇園御霊宮」と称していました。いまでも「御霊さん」と呼ばれ親しまれています。
秋祭りの馬駆けは息を呑むほど大迫力です。

鹿島神社

鹿島神社

奈良時代以前に常睦国(茨城県)の鹿島神宮から勧請したと伝えられる神社。
もとは鹿島の南の森に鎮座していましたが、明治42年に対岸の現在地に合祀されました。

万葉歌碑

万葉歌碑

文武天皇の一行が紀の湯(白浜湯崎温泉)に旅行されたときの万葉歌「三名部(みなべ)の浦 潮な満ちそね 鹿島なる 釣する海人を 見て帰り来む」
の石碑が国民宿舎紀州路みなべに建立されています。

岩代王子

岩代王子

熊野飛龍権現を主神とした神社。
熊野九十九王子社のなかでも、最も早くから知られた有名な王子社です。大海原を背景に続く美しい砂浜を望む事が出来、千里王子へと繋がっています。

千里王子

千里王子

古代から中世にかけて花山法皇、後鳥羽上皇など歴代上皇や責族が、近世では紀伊藩主や田辺領主をはじめとした多くの人々が参詣された王子社。
現在の本殿は安永5年(1776)に再建されたもので、熊野九十九王子社の本殿の中でも、三鍋(みなべ)王子社と共に古い建造物です。

千里観音

千里観音

千里王子社に隣接する観音堂。
王子社の本地仏の如意輪観音と小栗判官が暴風雨から救われたお礼に奉納した馬頭観音が分離して祀られ、厄除け観音としても知られています。

千里の浜

千里の浜

白浜青松の浜が続く長さ1.3kmの美しいビーチ。熊野古道で唯一海岸を通ることでも知られています。
また、本州一のウミガメの産卵地でもあり、毎年5月下旬~8月上旬にかけてたくさんのアカウミガメが産卵のために上陸します。

三鍋王子

三鍋王子

後鳥羽上皇が当社に参詣の砌りに、絹6疋・綿150両・馬3疋を奉納したほどの大社。境内には鎌倉時代の板碑、小栗判官が水を飲んだという小栗井戸があり、約50メートル東方からは桃山時代の地鎮具が出土しています。

pagetop

熊野古道散策MAP

熊野古道散策MAP

熊野古道パンフレットダウンロード

pagetop

まち歩きガイドマップ

まち歩きガイドマップ

まち歩きガイドマップダウンロード

pagetop
pagetop